2011年7月28日 8:30 AMinstagram関連アプリyouthkee

Instakeは、instagramに投稿した写真をまとめてカメラロールに保存できるアプリです。ログインすると、グリッド表示でポピュラーの写真や、フィードの写真、「いいね!」をつけた写真などを閲覧することができます。ここで、自分の写真を表示した時だけ、複数の写真を選択して、まとめて保存することができます。ふと思い出したときに、アップ済みの写真をまとめてダウンロードしたい時なんかに役に立ちそうです。他のユーザーの写真は保存できませんが、写真を長押しするとSafariでURLを開くことができます。instagram上では、他のユーザーの写真のURLを調べることができないので、メールやTwitterなどで友達に教えたい時には、便利な機能かもしれませんね。


Instakeを初めて立ち上げると、ポピュラーの写真が表示されています。ここで、ログインボタンをタップして、instagramのユーザー名とパスワードを入力すると、全てのメニューが選択できるようになります。


メニューでは、Popular(ポピュラーの写真)、Feed(フィードの写真)、Yours(自分の写真)、Liked(「いいね!」をつけた写真)を切り替えることができます。

各一覧画面では、20件ずつしか写真が表示されないので、続きを閲覧したい場合は、「もっと見る」ボタンをタップしてください。


自分の写真一覧では、写真をタップするとチェックマークがつくようになるので、ダウンロードしたい写真を複数選択して、保存ボタンをタップしましょう。しばらくすると、選択した全ての写真がカメラロールに保存されます。

他のユーザーの写真をタップすると、拡大表示されるだけで、保存することはできません。ただし、他のユーザーの写真の上で指を長押しすると、メニューが現れ、Safariまたはinstagramで該当の写真のURLを開くことができます。

写真を保存するだけなら、slidegramのようなアプリでもできますし、instagramの設定で『フィルタ済写真を保存』をONにしておけば、常にカメラロールに写真を残すことができるので、人によっては必要のないアプリと思われるかもしれません。

ともあれ、無料アプリなので、用途に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか?他のユーザーの写真が保存できないようになっているのは、instagram APIの利用規約に順した仕様ということのようですね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中