2011年8月24日 8:30 AMカメラアプリyouthkee

中国発の多機能カメラアプリ「Camera360」のiPhoneアプリ版がリリースされました。たくさんのフィルターに加えて、連写や画面分割などバリエーション豊かな撮影モードを備えているのが特徴です。フィルターの数は非常に多いのですが、分かりやすいカテゴリー毎に収録されているので、迷うことはありません。また、カメラロールからの読み込みには対応していませんが、一度撮影した写真はいつでも再加工できるので、何度でも加工が楽しめます。リリースからわずか1年で600万人ものユーザーを獲得し、Androidを含めた世界市場ではinstagramのライバルとも言われているアプリだけに、IGユーザーとしてもぜひ注目したいですね。


Camera360を起動すると、まずは撮影画面になるので、オレンジ色のシャッターボタンをタップして、写真を撮影しましょう。撮影すると、すぐにフィルター選択画面に移動するので、好きなフィルターを選んでタップしてください。また、「100%」という部分をタップすると、スライダーでフィルターの適用度を調整することができます。


フィルターは、「Effect」ボタンをタップするとカテゴリー毎にフィルターのセットを切り替えることができます。また、「Tilt-shift」ボタンをタップすると、3つのモードで『ぼかし』効果を加えることができます。


加工が終わったら、オレンジ色の保存ボタンをタップして、ライブラリーに写真を保存しましょう。ライブラリーでは、加工した画像をカメラロールへ保存したり、FacebookやFlickrなどのSNSへ投稿することができます。


次に、Camera360の豊富な撮影機能をご紹介・・。撮影画面で、モード切り替えボタンをタップすると、アイコンで様々な撮影モードが現れます。手ブレ補正やセルフタイマー、連写など様々な撮影機能がありますが、ここでは画像加工に使える「画面分割」「多重露光」を試してみました。

画面分割は、「2-Grids(2分割)」と「4-Grids(4分割)」、「Stripes(縦4分割)」の3種類があります。各モードに切り替えると、シャッターボタンのアイコンが変わり、画面上に「2」、「4」などの数字が現れるので、そのままシャッターを切りましょう。


すると、一枚目の撮影後、続けて数秒後に連続してシャッターが切れるので、写したい被写体に合わせてファインダーを移動してください。

全ての枚数が撮り終わると、自動的に画面分割された状態で、フィルター選択画面へ移動します。効果的に画面分割した上で、フィルターをかけると、あっという間に雰囲気のある印象的な写真が加工できますね。


多重露光は、画面分割と同じ方法で、ファインダーをずらして2枚写真を撮ると、自動的に合成してくれる機能です。こちらも、使い方次第で面白い写真が加工できるので、ぜひ色々試してみてください。

撮影画面でも、光学4倍ズーム(iPhone4のみ)や、2本指タップでのホワイトバランス機能など、充実したカメラ機能が利用できます。iPhoneのカメラアプリとしては定番の「Camera+」に匹敵するだけの機能を備えた高機能アプリと言えるかもしれません。

基本的な機能はしっかり押さえた上で、ユニークなフィルターもたくさん揃っているので、初心者からプロユースの使用にも耐え得るアプリだと思いました。ワンランク上のカメラアプリをお探しの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中