2011年10月6日 8:30 AM面白アプリyouthkee

Camatrixとは、「Camera」と「Matrix」を組み合わせた造語・・。その名の通り、あの人気映画「マトリックス」に出てくるデジタル空間のような写真が撮影できるユニークなカメラアプリです。今流行のリアルタイムエフェクトに対応しているので、アプリを起動してiPhoneの画面を覗くと、目の前の風景が黒とグリーンで構成された、デジタルな映像として映し出されます。そのままシャッターを押すと、カメラロールへ保存できる他、メールやFacebookへも送信することができます。フロントカメラにも対応しているので、自分撮りをしてクールなプロフィール写真に使ってみたり、暗い室内でもいい感じのアート作品に仕上げることができますね。あなたもCamatrixで日常の景色をサイバーチックに変換してみませんか?


アプリを立ち上げると、カッコいいグラフィックが表示され、次の瞬間には目の前の風景が「マトリックス」風に変換されて映し出されます。メニューはとってもシンプルな構成で、シャッターと自分撮り用のフロントカメラへの切り替えボタン、そして暗所撮影用の常時フラッシュ点灯ボタンが並んでいます。

常時フラッシュをオンにすると、もう一度フラッシュボタンをタップするまで、フラッシュが発行し続けます。フラッシュ点灯中は、電池の消耗が早くなるので、点きっぱなしにならないよう注意しましょう。


シャッターを押すと、保存・共有メニューが表示され、「Save to Photo Album」をタップすると、カメラロールへ撮影画像が保存されます。

その他、メールやFacebookへも画像を送信できますが、ここで「その他」を選択すると、さらに「共有」設定画面へと移動し、TwitterやTumblrへの投稿ができる他、クリップボードへ撮影画像をコピーすることもできます。


全ての風景が黒とグリーンのマトリックスでイラスト風に再現されるので、色々な被写体を写してみると、意外なものがカッコよく撮れたりして、色んな発見があるかもしれません。

フロントカメラで自分撮りしてみるのも、まるでCG映像を見ているような気分で面白いですね。保存時の解像度が360×480ピクセルと小さいのが難点ですが、間単にクールな写真が撮影でき、見ているだけでも楽しめるアプリなので、ぜひセール期間中にGETしてみてはいかがでしょうか?

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中