2011年11月22日 8:30 AM写真集・電子書籍youthkee

このサイトではいつも写真を加工するアプリを中心に紹介していますが、今回は少し趣向を変えて、写真を見るアプリを紹介したいと思います。「3.11 Fukushima Mini」は、いわき市を中心に活動しているカメラマン・高橋智裕さんによる写真集「東日本大震災」を再編集したiPhoneアプリです。書籍版に加えて、有料版のアプリも発売されていたのですが、一人でも多くの人に被災地の状況を知ってもらおうと、今回の無料版のリリースに踏み切ったのだとか・・。ムービー形式でドラマチックに写真を再生したり、当時の出来事を時系列で記録したドキュメントなど、iPhoneアプリならではの仕掛けも満載です。生々しい震災の傷跡を映し出す写真の数々は、今見ても衝撃的ですが、それ以上に被災地で支え合う人々の笑顔が印象的でした。ぜひ皆さんもこの機会に震災の現実を見つめ直してみてはいかがでしょうか?


「3.11 Fukushima Mini」は、全部で4つのメニューに分かれています。アイコンをタップすると、写真を一枚ずつ閲覧する「フォトギャラリー」、写真を音楽と解説テキスト付きで再生する「フォトアニメーション」、震災直後の出来事を文章でまとめた「ドキュメント」、そして各種設定を行う「セッティング」の各メニューを利用することができます。


「フォトアニメーション」では、BGM付きのスライドショーが自動再生され、各シーン毎に撮影時の状況や作者の心情を綴った文章が表示されるので、よりドラマチックに写真を体感することができます。

「ドキュメント」のコーナーでは、震災直後2011年3月11日〜4月30日までの出来事を時系列順にまとめた資料を閲覧することができます。写真と一緒に当時の状況を振り返り、震災についての理解を深めるのに役立ちそうですね。


「フォトギャラリー」では、無料版アプリのためにピックアップされた28枚の写真を閲覧できますが、この体験版だけからでも現地の様子や、作者の感情を感じ取ることができました。

「セッティング」では、スライドショーの速度や、「フォトアニメーション」再生時のサウンド設定などを変更することができます。また、『モノクロ画像』をオンにすると、全ての写真がモノクロ表示となり、より緊迫感のあるリアルな迫力を味わうことができます。

言語設定では、日本語の他、英語を選択することもできます。英語に設定すると、「フォトアニメーション」内の解説テキストも全て英語に翻訳されるので、外国の友人・知人に見てもらう際にもとっても便利ですよね。

無料版にしてはとても見応えのある内容なので、一人でも多くの人にお勧めしたいアプリだと思いました。ぜひ手に入れやすいiPhoneで、被災地の写真を体験してみてください。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中