2011年12月2日 8:00 AM画像加工アプリyouthkee

Fotoyakiは、フィルターを選んでタップするだけで簡単に写真を加工できるシンプルな画像加工アプリです。セピア調やモノクロ、トイカメラ風などオーソドックスなフィルターに加えて、ドット模様やタイル柄、ハーフトーン風などユニークな変換機能が搭載されているのが特徴です。さらに、「Fotoception」などのフィルターを使うと、iPhoneのアルバム内にある写真を元に、オシャレなモザイクアートを作成することもできます。iPhoneで撮影した写真からモザイク変換できるアプリは他にもありますが、Fotoyakiで変換すると手軽にカッコいいテイストにしてくれるのが嬉しいポイントですね。フィルターを選ぶだけのシンプルなアプリですが、正方形サイズ等への切り抜き機能も備えているので、instagram へアップする時にも安心です。


Fotoyakiのアプリを立ち上げると、写真の取り込みメニューが表示されます。「Camera」をタップして写真を撮影するか、「Library」をタップしてアルバムから写真を選択しましょう。

写真を読み込むと、画面下部にフィルター一覧が表示され、画面上部には各種メニューが表示されます。「切り抜き」ボタンをタップすると、正方形などの各種サイズに写真をトリミングすることができます。


切り抜き画面では、画面下部にいくつかの縦横比のボックスが表示されているので、ここをタップして切り抜きたいサイズを選択しましょう。

タップする毎に縦横比が切り替わりますが、3回タップすると正方形サイズが選択できます。instagramへの投稿用に画像を加工したい場合は、3度目の状態で切り抜くと、ぴったりのスクエアサイズになります。


画面右下のチェックマークをタップして切り抜きを完了すると、再びフィルター選択画面へ移動します。セピア調やモノクロ、トイカメラ風のフィルターから、1時間フィルムを焼いたような風合いを再現した「1hr Foto」など、個性豊かなフィルターを適用することができます。


ガラスのタイル越しに風景を覗いたような「Glass Tiles」や、ハーフトーン調の印刷技術を再現した「Halftone」、「CMYK」といった独特な変換フィルターも多数収録されています。


「Fotoception」または「Acid Tiles」のフィルターを選択すると、iPhoneのアルバム内に保存されている写真が自動的に読み込まれ、モザイクアート風の画像に変換してくれます。簡単に一風変わったスタイリッシュな作品が加工できるので、見ているだけでも楽しいですよね。


お気に入りの作品が加工できたら、画面右上のボタンをタップして、画像を保存/共有しましょう。保存メニューでは、カメラロールへ保存できる他、クリップボードに画像をコピーして、他のアプリなどに貼り付けることもできます。Twitterなどへの送信画面も、シンプルでどこか洗練されているのが、センスの良さを感じさせます。

加工サンプル

そんな感じで、モザイク変換などユニークなフィルターが手軽に使える写真加工アプリ「Fotoyaki」。独特の変換フィルターが使えるだけでなく、通常のフィルターもinstagramで人気の『角丸フレーム』のデザインが多いので、シンプルながら味のある作品が作れるのがポイントです。トリミング機能もしっかり備えているので、このアプリ一本でも色々な加工が楽しめそうですね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中