2011年12月27日 8:00 AM関連サービスyouthkee

instagramにいつもお気に入りの写真をアップしているけれど、instagramをやっていない友達にはなかなか見てもらえる機会がなくてつまらない・・。そんな風に思っている人はいませんか?そんな時に便利なのが、この「InstaBG」。InstaBGを使うと、instagramに投稿した写真をタイル状に並べてTwitterの壁紙に設定することができます。プロフィール画面にずらりと写真が表示されるので、普段どんな写真を撮っているのか一目瞭然ですね。さらに写真に「いいね!」をもらった数も挿入できるので、自分で確認しながら、今後の励みにしてもいいかもしれません。 IGユーザーの方は、ぜひInstaBGを使って、iPhoneographerとしての活動をアピールしてみてはいかがでしょうか?


「InstaBG」で壁紙を作成するには、トップページの「Twitterアカウントでログイン」というボタンから、Twitterのユーザー名とパスワードを入力してアプリを認証しましょう。


アプリ認証が完了すると、背景画像の設定画面へ移動します。壁紙に表示する写真は、Instagram全体、User ID、カテゴリ、タグ、の4種類から選択することができます。


「User ID」を選んで自分のinstagramのユーザー名を入力すると、自分の投稿した写真をタイル状の壁紙にすることができました。画面下の「プレビュー」ボタンをクリックすると、完成後のプレビュー画像を確認することができます。

その他、写真の並び順やサイズ、間隔も設定することができるので、お好みに合わせて適宜変更してみましょう。自動更新を「オン(毎日)」に設定しておくと、1日1回最新の投稿写真を反映して、壁紙が更新されるようになります。


この状態で「Twitterの壁紙に設定する」ボタンをクリックすると、このようにTwitterの背景画像に設定することができました。それぞれの写真の上には、投稿した日付と、他のユーザーから「いいね!」をもらった数が表示されています。


表示する写真を『カテゴリ』に設定すると、特定のカテゴリの写真だけをピックアップして壁紙を作成してくれます。カテゴリ「空」を選択すると、美しい空の写真だけがすらりと表示されました。

他にも、ペット、赤ちゃん、女の子、キュート、花、ビーチ、食べ物、などのカテゴリがあります。好きなジャンルの写真だけを、壁紙として毎日見られるのは楽しいですよね。


さらに『タグ』を選択すると、instagramのハッシュタグに対応した写真を表示させることもできます。試しに「#illumination」と入力すると、綺麗なイルミネーションの写真ばかりを並べた壁紙を作ることができました。

そんな感じで、instagramの写真から簡単にTwitterの壁紙が作れる「InstaBG」。自分のユーザー名だけでなく、カテゴリやタグなどにも対応しているので、色んな切り口からinstagramの写真を楽しめるのが嬉しいですね。

自分ではたくさん写真を投稿していないという人も、カテゴリやタグなどの設定を色々試して、ぜひ自分だけのお気に入りの壁紙を作ってみてください。毎日更新される素敵な写真で、Twitterの画面をオシャレに飾ることができますよ。

サイト名:InstaBG
ジャンル:Twitterの壁紙作成サービス
URL:http://instabg.com/ja/

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中