2012年1月25日 8:00 AM関連サービスyouthkee

IGユーザーの間では、毎週のように「◯◯祭り」のようなハッシュタグを用いたイベントが行われています。先週も横浜フェス(#yokohama_fes)が盛り上がっていましたね。そんな風に頻繁に開催されている「祭り」ですが、主催者をフォローしていないと、なかなか情報がキャッチできなくて、参加するタイミングを逃してしまったりしませんか?。そんな時に役に立つのが、このサービス。「Festagram」は、instagram上のフェス(祭り)情報を集約したWebサービスです。これから開催予定のフェスがチェックできる他、自分で祭りの情報を登録することもできます。開催中は、祭りに投稿される写真もウォッチできるので、もう流れに取り残される心配は要りません。ぜひ皆さんで、気になるフェス情報をどんどん登録して、一緒に盛り上げてみませんか?


トップページから「フェスの開催情報をみる」をクリックすると、これから開催予定のフェス情報をチェックすることができます。

今週の金曜日(27日)は、「あーりーばーど祭り」と「love_sepia祭り」のコラボ企画が開催されるようですね。開催期間は、いずれも1/27〜1/27となっています。


フェス情報をクリックすると、さらに詳しい情報と合わせて、該当のハッシュタグをつけて投稿された写真の一覧を見ることができます。

開催期間中に利用すれば、Web上から簡単にフェスの投稿写真がチェックできるので、とっても便利ですよね。


instagramのユーザー名とパスワードを入力してサイトにログインすると、閲覧している写真に「いいね!」したり、コメントを投稿することもできます。


また、「フェスページを作成する」をクリックすると、自分で開催情報を登録して、フェスページとして公開することができます。

フェスページを作成するには、ハッシュタグとフェス主催者のユーザー名、そして開催期間を指定すればOKです。自分自身が主催者でなくても登録できるので、instagram上で新しい祭りの情報を見かけたら、主催者の代わりに登録してあげましょう。


さらに便利な機能として、Festagramでは公開されているフェスの情報を、iCal形式でカレンダーに登録することができます。

早速、サイトの案内に従ってGoogleカレンダーに設定したところ、こんな感じで祭りの開催予定がひと目でチェックできるようになりました。

iPhoneの標準カレンダーに設定することもできるので、Festagramに登録されたフェスの開催予定は、忘れずにウォッチすることができそうですね。


また、FestagramのサイトはiPhoneにも最適化されているので、外出先でも気軽にチェックすることができます。instagramを使いながら、その場でアクセスできるのが嬉しいですね。

そんな感じで、instagramの祭り情報を集約したWebサービス「Festagram」。とっても便利なサービスなのですが、まだまだフェスの登録数が少ないので、

フォロワーさんの主催している祭りを代理登録してあげるのも、もちろんいいと思うのですが、Festagramを使って自らフェスを主催&発信するなんて使い方をしても面白いかもしれません。

フェスの詳細ページからは、TwitterやFacebookへも手軽にフェス情報が投稿できるようになっているので、どんどん活用して友達に告知してみましょう。

サイト名:Festagram
ジャンル:instagramの祭り(フェス)情報まとめサービス
URL:http://www.festagram.com/

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中