2012年1月26日 8:00 AM面白アプリyouthkee

今週は関東でも雪が降り積もり、身も凍るような寒さが続いていますが、皆さん風邪など引かれていませんか?こんな季節に、さらに冬の寒さを満喫できるのがこのアプリ。「冷凍カメラ」はその名の通り、凍りついた霜や氷のような質感が再現できるカメラアプリです。最近流行りの雪が降るようなエフェクトではなく、一味違った独特の雰囲気に加工できるのが面白いですよね。4種類のフィルターと9種類のフレームを組み合わせられるので、バリエーションも無限大・・。ライブエフェクトに対応しているので、結果をプレビューしながら撮影することができます。自分撮りして、ちょっとクールなプロフィール写真にしてみてもいいかもしれませんね。


アプリを起動すると、まずは4種類のフィルターの選択画面が表示されます。この時点で、ライブエフェクトになっているので、ファインダーを覗きながら好きなフィルターを選んでタップしてください。

フィルターを選択すると、カメラモードに移行して、ふんわりと雪の結晶が画面の中に舞い降りてきます。


この状態で、画面の中を左右に指でスワイプすると、フレームのデザインを切り替えることができます。


9種類もフレームがあるので、様々なバリエーションの効果が楽しめますね。気に入ったエフェクトと構図が決まったら、画面上部のシャッターボタンをタップして、写真を撮影してください。


撮影後、「Share」ボタンをタップすると、カメラロールへ画像を保存したり、FacebookやTwitterへ送信することができます。

また、メニューから「More…」を選択すると、オプションが表示され、クリップボードへのコピー、メール送信、またTumblrへの投稿も行うことができます。

撮影サンプル

そんな感じで、ユニークな特殊エフェクトが楽しいカメラアプリ「冷凍カメラ」。霜が表面に張り付いたようなエフェクトは、他のアプリではなかなか表現できないので、冬らしい雰囲気の写真を加工するのに使うと良さそうですね。

iPhone4の場合、起動時にフロントカメラが立ち上がり、自分撮りモードに対応しています。手軽にオシャレなスナップ写真を撮影して、TwitterやFacebookなどで冬季限定のプロフィールアイコンに使ってみてはいかがでしょうか?

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中