2012年3月30日 8:15 AM撮影・加工テクニックyouthkee

iPhoneカメラアプリの解説書「見せ撮れ」シリーズの第3弾がリリースされました。「風景」「日常」に続く今回のテーマは「四季」!もうすぐ全国的に桜のシーズンがやって来ますが、せっかくお花見に行っても、上手に写真が撮れなくて悩んだことはありませんか?「見せたくなる四季が撮れる本」には、iPhoneとカメラアプリを使って、梅や桜、紅葉といった四季折々の自然の風景を、綺麗でカッコよく撮影・加工するためのテクニックが詰まっています。特に可愛らしい「花」の写真を、さらに引き立たせる小ワザが丁寧に解説されているので、カメラ女子にもオススメ。週末に観光地に出かける前に、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


今回の撮影ガイドは、梅や桜、紫陽花やヒマワリなど、季節を彩る花や植物といったモチーフにかなりの紙数を割いた構成になっています。これまでのシリーズでも、花や自然といったテーマは取り上げられていましたが、季節ごとの撮り方・見せ方によりこだわった内容は、オールシーズンで役立ちそうですね。

花を効果的に撮るためのアングルや撮影テクから、季節感をさらにアップさせる加工法まで、重点的に説明されているので、ボリューム満点です。時には色合いをガラっと変えて強調してみたり、冬らしさを演出させるために雪を降らせるなんて裏技も・・。


前作までのシリーズと同様、各アプリの使用方法も、画面一つ一つを見ながら確認できるので、初心者の人にも安心です。「見せ撮れ」を読んで操作方法をチェックしておけば、作例と同じ季節感いっぱいの写真が誰にでも加工できますね。


著者こだわりのお勧めアプリの紹介も充実。アプリの特徴から、基本的な操作方法まで分かりやすく解説されています。一見難しそうなアプリでも、本書を参考にすれば安心して使えそうですね。

また、写真アプリには値段が高いアプリも多いのですが、今回は読者のリクエストに応えて、Pixlr-o-maticAdobe Photoshop Expressなど、手軽に使える無料アプリの紹介枠も増やしたそうです。お得に写真加工を試したい方にもぜひオススメです。


さらに今回のオマケ機能として、サンプルで掲載されている作品例を保存して「壁紙」として使える機能が追加されました。各ページの作例をタップして拡大表示した後、タッチして長押しするとカメラロールへ保存することができます。

使える写真テクが学べるだけでなく、写真家としても人気の高いARCHさんの作品をじっくり見られるのも大きな魅力ですよね。ぜひ壁紙やホーム画面に設定して、あなたのiPhoneを素敵フォトで飾ってみてください。

ここがポイント!

そんな感じで、「見せ撮れ」シリーズ待望の新作アプリ「見せたくなる四季が撮れる本」。またもやiPhoneographer必携の一冊になりそうですが、特に綺麗な花が咲き始めるこれからの季節にぴったりのガイドブックになっています。

花を綺麗に見せる加工テクももちろん重要ですが、その時期しか撮れない貴重な瞬間だけに、『どう撮るのか』といった撮影テクが、かなりのポイントになってくるのではないでしょうか?

そんな時役に立つのが、「花」の撮り方だけにこだわって20枚も作品例を掲載しているこのアプリ。必ずあなたの撮りたい四季の風景が見つかるはずです。ぜひ達人の技を盗んで、季節の表情をバッチリ切り取りましょう。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中