2012年5月14日 8:15 AM定番アプリ紹介youthkee

Snapseedは、豊富なフィルター機能を取り揃えた定番の画像編集アプリです。様々なパラメーターを調整することで、写真を格段にカッコよく仕上げることができます。たくさんのメニューがあるので、初めて使う人は少し迷ってしまうかもしれませんが、そんな心配は要りません。Snapseedではほとんどの機能が、画面を左右にスライドするだけで利用できます。フィルターの度合いを強めたければ、右にドラッグすればいいだけなので、とっても分かりやすいですよね。最新のアップデートではinstagramにも対応した他、モノクロや「ぼかし」などの機能が大幅に強化されたので、ますます使い勝手も向上!定番の画像編集アプリとして、ぜひ活用してみてください。


アプリに写真を取り込むと、画面下にたくさんのメニューが並んでいますが、まずはSnapseedの特徴的な機能である「SELECTIVE ADJUST」をタップしてみましょう。

この機能では、写真の中の一部分だけを選んで、色味や明るさを際立たせることができます。画面下の「+」ボタンをタップして、写真の中に中心点を追加してから、2本指でマルチタッチすると、フィルターを適用する範囲を指定することができました。


この状態で、写真の上を指で右側にスライドすると、選択された葉っぱの部分だけ、鮮やかな色味に変化しました。左側にスライドすると、逆に彩度を落とすことができます。

上下に指をスライドすると、「彩度」だけでなく、「輝度」や「コントラスト」など、調整するパラメーターの種類を切り替えることができます。

Snapseedのフィルターは、左右スライドでフィルターの適用量を変更、上下スライドでフィルターの種類を変更、というメニュー構成で大体統一されているので、この操作法だけ覚えておけば安心です。


次に、最新のアップデートでフィルター機能が刷新された「BLACK & WHITE」の機能を見てみましょう。

左下の☆マークのボタンをタップすると、6種類のプリセットから選んで、一発でモノクロ調のフィルターを適用することができます。

その状態で、上下にスライドすると「輝度」「コントラスト」「ざらつき」などの項目を切り替えて、左右スライドでパラメーターの適用度を調整することができます。

先ほどと全く同じ直感的な操作で、選んだフィルターをさらに細かく微調整することができますね。


続いて、Snapseedでも人気の『汚し』効果が入れられる「GRUNGE」機能を使ってみましょう。

このメニューでは、2本指のマルチタッチで範囲を指定した後、そのまま左右にスライドすることで、フィルターの種類を連続的に変化させることができます。

写真の上を左右にスライドすると、「スタイル」という所の番号が1〜1500まで変化し、様々なテイストの効果に次々と切り替わります。気に入った所でストップして、フィルターを適用してください。

「GRUNGE」では、さらにテクスチャを切り替えて、写真に違った表情を加えることもできます。


「CROP」では、新たに7:5のアスペクト比が追加された他、1:1の正方形サイズにも写真を切り抜けるので、instagramの投稿用にも活用できますね。

保存・共有メニューからも、一発で「instagram」へ送信できるようになったので、とっても便利になりました。多彩な機能を使いこなせば、見違えるほどカッコいい写真が加工できるので、ぜひコツを掴んでワンランク上の写真加工に役立ててください。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中