2012年5月6日 9:30 AM面白アプリyouthkee

気がつけば、あっという間にゴールデンウィーク最終日ですね。今日は、工作気分で家族や友達と楽しめるユニークな写真アプリを紹介します。「Wind Scope」は、撮った写真の中に風車を回して遊べる「デジタルかざぐるまアプリ」です。風車スタンプを追加すると、その部分だけ透明に切り抜かれ、ちょっぴり和風の切り絵アートのような作品が作れます。切り抜いた部分が、風に吹かれたようにクルクル回転して見えるので、まるで風車を回しているような気分が味わえますね。作った作品は、Twitterや公式ページにアップして、みんなと見せ合うこともできます。ぜひ工夫を凝らしたコラージュ写真を作成して、みんなで楽しんでみてください。


アプリを立ち上げて、「はじめる」をタップするとカメラが起動するので、まずはベースとなる写真を撮影しましょう。

次に画面下部の「スタンプ」をタップすると、スタンプの一覧が表示されるので、好きな風車の形状を選んで、写真の上をタップしてください。

指でタッチした所に風車が設置されて、くるくると回り出します。


スタンプの種類は全部で13種類。風車以外にも、星や三角形、鳥や猫などユニークなスタンプが揃っています。

画面をタッチする時に、そのまま長押しすると、スタンプのサイズがどんどん大きくなります。

設置したスタンプで切り取られた風景が、風車と一緒に回転していくので、次第に元の風景がシャッフルされて、万華鏡のような不思議な光景が出来上がりますね。

面白い作品が出来たら、「出力」をタップして、カメラロールへ保存するか、Twitterやメールに送信して、写真を共有しましょう。


出力時に、「みんなの画像」に送ると、アプリ内の「みんなの画像」タブ内に写真がアップされ、他のユーザーの作品と一緒にネット上に公開されます。

「みんなの画像」には、他のユーザーが作ったユニークな作品がたくさんアップされているので、ぜひチェックしてみましょう。

風車スタンプの回転機能を使うと、発想次第でアーティスティックで奇想天外なコラージュ写真が生み出せることがよく分かります。

ここがポイント!

このアプリは、2012年5月5日、6日の2日間、隅田川流域で開催される「東京ホタル 2012」というイベントに合わせてリリースされたそうですが、今までになかった発想の写真アプリとして、見逃せない注目の機能が盛り込まれています。

複数の写真を重ねあわせたり、写真の一部を切り抜く機能は、他のアプリにもありましたが、切り抜いた部分を回転させて、シャッフルさせてしまうアプリはありませんでした。

風車スタンプの回転機能によって、ランダムに切り取られた風景を重ね合わせると、今までのアプリでは加工できなかった、面白い効果が産み出せるかもしれません。ぜひ「Wind Scope」が織り成す、不可思議な写真アートの世界で、遊んでみてください。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中