2012年6月22日 12:10 PM関連サービスyouthkee

PC向けのinstagramクライアント「Webstagram」に、また新しい機能が登場しました。今回新たに搭載されたのは、その名も『リポスト(再投稿)』機能。リポストと言えば、以前紹介した「tadaa」という写真共有アプリでも、他のユーザーが投稿した写真を再投稿する機能としておなじみですが、Webstagramのリポスト機能も、それと全く同じ役割を果たします。「Repost」ボタンをクリックすると、その場で画像をメール送信できるので、「こんないい写真見つけたよ」という感じで、気軽に友達に教えることができます。保存する画像には、自動的にユーザー名とアイコンが合成されるので、他のユーザーに無断で利用される心配もありませんね。ぜひ便利な新機能を、皆さんも試してみてください。

「リポスト」機能を使うには、Webstagramにログインする必要があるので、まずはトップページから「ログイン」をクリックして、instagramのユーザー名とパスワードを入力してください。


ログイン完了後、「FEED」や「POPULAR」などの写真を閲覧すると、それぞれの写真の下にTwitterやFacebookなどのソーシャルボタンに並んで、新たに『Repost』というボタンが加わっています。

フィードやポピュラー、検索結果などから気に入った写真を見つけたら、この『Repost』というボタンをクリックしてみましょう。


すると、画面内にポップアップする形で「Instagram写真をリポスト(再投稿)」というウィンドウが立ち上がります。

この画面で、メールアドレスを入力して「Send」ボタンをクリックすると、指定したアドレス宛てに写真を送信することができます。思わず友達に見せたいような素敵な写真を見つけたら、ぜひ気軽に「リポスト」してみんなにシェアしてみましょう。


リポスト用の写真は右クリックしてPCに保存することもできるので、自分のアドレスに送ったり、PCからスマートフォンに転送するなどして、画像をinstagramに再投稿してもいいでしょう。

Webstagramのリポスト画像には、投稿主のユーザー名やアイコン、Webstagramアドレスなどが自動的に埋め込まれるので、元々誰が作者だったのかが一目瞭然です。不正利用されないように、著作権表示がしっかり対策されているので、安心ですよね。

ぜひルールやエチケットを守った上で、素敵な写真をより多くの人に広める目的で活用してみてください。Webstagramでは、これからも便利なツールや新機能が続々登場する予定だそうなので、今後の動向にも要注目です。

サイト名:Webstagram
ジャンル:PCブラウザ向けのinstagramクライアント
URL:http://web.stagram.com/

アーカイブ

おすすめアイテム