2012年8月25日 22:00 PMカメラアプリyouthkee

以前、特集記事でも紹介した、「宙玉系アプリ」のカテゴリーに画期的な新作アプリが登場しました。「TwinkleCamera」は、リアルタイムで宙玉レンズ風の写真が撮影できるカメラアプリです。他の宙玉系アプリでは、撮影後やカメラロールから読み込んだ写真にフィルターをかけることしかできませんでした。このアプリなら、撮影時に宙玉レンズの効果を確認できるので、とっても便利。もちろん、球体の位置やサイズを編集することも可能です。さらに、キラキラのエフェクトをかけたり、球体の数を増やしたりもできるので、他のアプリでは撮れない個性豊かな写真が撮影できそうですね。ぜひ「TwinkleCamera」で幻想的な宙玉レンズの世界を楽しんでみてください。


アプリを起動すると、カメラモードが立ち上がります。画面には最初からガラス玉が浮かんでいて、まるで宙玉レンズで撮影しているかのような効果がリアルタイムで確認できます。

画面に表示されている宙玉は、指でタッチしてスワイプすると、好きな位置に移動することができます。また、片方の指で球体を押さえながら、もう一つの指でドラッグすると、玉の大きさを拡大したり縮小したりできます。

操作方法が分からなくなったら、画面左下の「i」ボタンをタップすると、いつでも分かりやすいマニュアルが確認できるので、参考にしてみましょう。


右下の矢印ボタンをタップすると、写真の上下を反転することができます。初期状態では、球体の中の映像は逆さまに映っているので、見た目そのままの向きに合わせたい場合は、一度反転させておくと良いでしょう。

また、画面右側のスライダーをドラッグすると、ズーム機能を使うことができます。ズームで拡大されるのは、球体の外側の背景の部分だけなので、背景をぼかしたい時などに思いっきり拡大しておくといいかもしれません。


右下の「設定」ボタンをタップすると、設定メニューが表示され、球体の数を増やしたり、各種オプションを編集することができます。

球体の数は1個〜4個まで増やせて、球体の位置やサイズも1個ずつ編集できます。複数の宙玉を配置すれば、かなり自由度の高い作品をアレンジすることができそうですね。

さらに、「映像エフェクト」をオンにすると、キラキラと光輝くフィルターも適用できるので、より『宙玉レンズ』らしいメルヘンチックな雰囲気を演出できます。


「被写界深度」をオンにすると、球体のエッジが自然にボケた感じになり、「高精細モード」をオンにすると、より解像度の高い画質で撮影することができます。

ただし、全ての処理をリアルタイムで行なっているため、オプションを追加するほど動作が重くなる傾向があります。その点だけ注意して、上手にオプションを使い分けてみましょう。

ここがポイント!

そんな感じで、リアルタイムに宙玉レンズ風の撮影が楽しめるアプリ「TwinkleCamera」宙玉系のアプリは数あれど、ライブフィルターに対応しているのはこのアプリだけなので、ぜひチェックしてみてください。

もちろん、カメラロールからの読み込みにも対応しているので、他の宙玉系アプリと同じように撮影済みの写真を加工することもできます。アルバムの写真も、ライブ撮影時と同じように、球体の位置やサイズを自由に編集できる点も、大きな特徴です。

ライブフィルターやエフェクトを組み合わせれば、自分の撮りたいイメージ通りの写真が撮れるはず・・。日常の風景があっという間に幻想的な作品に早変わりするので、ぜひ「TwinkleCamera」を持ち歩いて色々なシーンを写してみましょう。

現在は保存サイズが640×960ピクセルのみなので、今後のアップデートでは、高解像度への対応を期待したいですね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中