2012年8月20日 8:15 AMアップデート情報youthkee

8月16日に、instagramの最新アップデート「バージョン3.0.0」がリリースされました。メジャーアップグレード版となる今回のバージョンでは、新たに「フォトマップ」機能が追加され、位置情報付きの写真を、地図上に配置することができるようになりました。また、他のユーザーの写真も、フォトマップ上で閲覧できるので、色んなユーザーが過去にアップした写真を再発見する楽しみも広がります。さらに、フィード画面で「もっと見る」ボタンをタップしなくても、自動的に続きが読み込まれるようになるなど、細かい部分の閲覧機能も向上。ますます軽快で使いやすくなったインターフェースと、instagramの次なる可能性を感じさせるマップ機能を、ぜひいち早く体験してみてください。


App Storeから「バージョン3.0.0」をインストール後、他のユーザーのプロフィールを開くと、「フォトマップ」というボタンが追加されているので、ここをタップしてみましょう。

ユーザーが位置情報付きの写真をマップ上に公開している場合、このように世界地図上に写真のサムネールが表示され、その右上にバッジ形式で写真の枚数が表示されます。


写真のサムネールをタップすると、どんどんマップが拡大され、サムネールで表示されている写真は細かいグループに分割されていきます。見たい写真や地域を選んで、次々にマップ上を探索してみましょう。

写真は最後まで拡大してもいいのですが、バッジが表示された状態でダブルタップするか、画面左下の「一覧」ボタンをタップすると、グリッド形式に並べて閲覧することもできます。

「虫眼鏡」マークをタップすると、一つ前の段階に縮小表示して戻ることもできるので、各種ボタンを使い分けながら、上手にブラウズしてみてください。


フォトマップには、自分が過去に投稿した写真を公開することもできます。アップデート後、始めて起動した時、または自分のプロフィール画面から、フォトマップの公開設定が行えます。

過去写真の公開は一枚ずつチェックして行えるので、プライバシーに配慮しながら、公開してもいい写真だけを選んで設定しましょう。(自宅や職場・学校など、個人を特定できる場所を公開するのは控えた方が安心です)


今回のバージョンアップでは、画面デザインも一新されましたが、特にプロフィール画面や、投稿画面(キャプション入力画面)のレイアウトが大きく変わっています。

新たに写真を投稿する場合は、写真ごとに「フォトマップに追加」するかどうかを選択できます。旅行やイベントに参加した写真など、マップとの相性のいい写真を選んで追加すれば、楽しく体験をシェアできそうですね。

また、TwitterやFacebookなどの共有ボタンが、すっきりとしたデザインに改善されているのも嬉しいポイントですね。


さらに細かい隠れ機能としては、フィード画面で写真を左側にスワイプすると、コメント入力画面に一気に移動できるようになりました。小さな「コメント」ボタンをタップしなくても、サクッとコメント画面を開けるので、とっても便利ですよね。

さらに、各コメント欄を右側にスワイプすると、不適切なコメントを報告したり、返信したりできるサブメニューを開くことができます。


もし不適切なコメントを発見した場合は、「!」ボタンをタップしてinstagramのユーザーサポートまで報告しておきましょう。

その隣の「返信」ボタンをタップすると、コメント入力欄に自動的に「@ユーザー名」が表示され、簡単にユーザー宛の返信を書くことができます。

「@ユーザー名」のオートコンプリート機能は以前からありましたが、今回のバージョンから実装された「返信」ボタンを使えば、さらに手軽にコメントの返信ができそうですね。

何はともあれ、革新的なマップ機能の搭載で、大きく方向性をシフトさせたinstagram。現在はプロフィールからユーザー単位のフォトマップしか閲覧できませんが、将来的にポピュラーやハッシュタグのマップも見れるようになるのでしょうか・・?その辺の拡張性も踏まえて、ぜひ今後の展開を注目したいですね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中