2012年10月29日 8:15 AMデコ・かわいい系youthkee

蜷川実花と言えば、その特徴的な作風で誰もが知っている写真家ですが、そんな彼女の作品が簡単に再現できるアプリが登場しました。「cameran」は、蜷川実花本人の監修によるカメラアプリ。多彩なフィルターを使って、写真をビビッドな極彩色にしたり、金魚や花びらを大胆な構図で加工して、幻想的な作品を作ることができます。フィルターだけでなく、簡単な画像補正や回転機能まで付いているので、これ一本でかなり幅広い加工が行えます。保存形式は正方形のスクエアサイズなので、instagramへの投稿にもぴったりですね。ぜひ皆さんも蜷川ワールドが体験できるアプリ「cameran」で遊んでみてください。


アプリを起動すると、カメラモードが立ち上がります。画面をタップすると、タッチした部分にフォーカスが合うので、好きな構図になったら画面下のシャッターボタンで撮影しましょう。

撮影画面では、グリッド表示のオン/オフを切り替えたり、自分撮りモードへの切り替え、カメラロールから撮影済みの写真を読み込むこともできます。

撮影が終わると、次の画面ではフィルター選択ができます。画面下の一覧から好きなフィルターをタップして、写真に適用してください。「GOKUSAI」というフィルターをかけたら、蜷川実花特有のビビッドで鮮やかな色彩が簡単に再現できました。


フィルターは他にもたくさん揃っていて、その数全部で23種類。蝶々が回りを舞っている「Butterfly」や、華やかな風船が飛んでいる「Balloon」など、ファンシーな合成写真も簡単に加工できます。


その他、まるでお花畑の中から覗いたような、巨大な花と合成できるフィルターなど、ファンタジックで幻想的な写真が簡単に作れるのが楽しいですね。

フィルターの上に「x3」と書いてあるフィルターは、3種類のバリエーションがあるので、タップする度にデザインが変わります。好きなレイアウトやテイストになるまで、タップし続けてみましょう。


いかにも蜷川実花っぽいゴージャスなフィルターだけでなく、「Lomo」やトイカメラ風フィルターなど、定番のフィルターもしっかり収録されているのも、このアプリの特徴です。

これらの基本フィルターを使えば、カッコよくてセンスのいい写真が簡単に加工できるので、女性ユーザーだけでなく、男性ユーザーにもぜひオススメです。


フィルター選択時に右下のボタンをタップすると、スライダーが現れて、「明るさ」「彩度」「コントラスト」といった色調補正を行うことができます。

さらに、左下のボタンをタップすることで、写真を90度ずつ回転することもできます。

フィルターだけでなく、簡単な編集機能も搭載されているので、組み合わせて利用することで、かなり個性豊かな作品が加工できますね。


画面右上の「SAVE」ボタンをタップすると、加工した写真をカメラロールへ保存できます。そのままTwitterやFacebook、instagramへ写真を共有できるので、とっても便利ですね。

保存した後に、画面左上の矢印をタップすると、前の画面へ戻って同じ写真をもう一度編集することができます。気に入った写真ができるまで、ぜひ何度でもトライしてみましょう。

最初の画面で「i」ボタンをタップすると、「蜷川実花撮り下ろし壁紙」をダウンロードすることができます。壁紙は全部で21種類。写真をSNSに共有する度にGETできる壁紙が増えていくので、全部揃えたい人はどんどん投稿してみてください。

加工サンプル

ここがポイント!

そんな感じで蜷川実花の世界観が手軽に楽しめるカメラアプリ「cameran」。他のアプリには出せない、リッチでゴージャスな雰囲気の写真が簡単に加工できるのが魅力です。

「金魚」や「花びら」「ジェリーフィッシュ(クラゲ)」など多彩なエフェクトをデコレーション感覚で加工して、幻想的な合成写真を作ってみてください。

極彩色の色彩が再現できる「GOKUSAI」フィルターの他、トイカメラ風のフィルターも充実しているので、シンプルに普段使いするのにも最適です。無料で幅広い機能が活用できるので、ぜひあなたのカメラアプリコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中