2012年11月12日 8:15 AMデコ・かわいい系youthkee

「手書き風カメラ」でおなじみのMobile Boxから、またまた可愛い写真アプリが登場しました。「はんこメーカー」は、その名の通りオリジナルのハンコが作成できるアプリです。好きなデザインの雛形を選んで、自分の名前や屋号などを挿入できます。作ったハンコは、いつでも呼び出して写真に貼り付けることが可能。instagramに投稿する時に、署名代わりにポンと押すのも、個性があっていいかもしれません。その他、装飾に使える「基本スタンプ」も多数収録されているので、自由に組み合わせて、写真をデコってみてください。年賀状やクリスマスカードに使える素材が豊富に揃っているので、季節の挨拶を添えて友達にメールしてみてはいかがでしょうか?


オリジナルのハンコを使うには、まずはハンコを登録する必要があるので、「はんこ新規作成」というボタンから、ハンコの作成画面へ進んでください。

ハンコのフレームは全部で51種類。ネーム印っぽい丸型のフレームから、真四角のスタンプ風のものまで、豊富なデザインから選ぶことができます。

どのフレームも、ウサギやパンダなど、可愛い動物やキャラクターのイラストがモチーフになっているので、女性ユーザーにも人気が高そうですね。


フレームを選択したら、次の画面ではハンコに入れる文字を入力できます。

自分の名前を入れて、署名やサイン代わりに使える自分専用のハンコにしてもいいですし、「ありがとう」や「承認済み」など好きな言葉を入れて、オリジナルのスタンプを作るのも面白いかもしれませんね。

ただし、ハンコに入れられる文字は6文字までなので、あまり長い文章は入れられません。その点だけ注意してください。6文字あれば、ちょっと名前が長い人でも、漢字のフルネームで十分入るのではないでしょうか?


次に、入力した文字を移動したり、拡大・縮小してハンコのデザインをアレンジしましょう。2本指でピンチイン/ピンチアウトすると、文字のサイズを変更できます。

フォントは1種類のみで、書体の変更はできないので、英数字よりは日本語の文字や名前の方がいいかもしれません。

ハンコの登録ができたら、ホーム画面の「はんこの捺印」という所から、「カメラ」か「アルバム」をタップして、写真を読み込んでみましょう。

画面下の「HANKO」というボタンをタップすると、作成したハンコを呼び出して、写真の上に挿入することができます。


写真に配置したハンコは、タッチして移動したり、2本指タッチで拡大・縮小や、回転させることができます。

画面下の「COLOR」というボタンをタップすると、ハンコの色を変更することができます。ハンコのカラーは、「基本色」のパレットから選択できる他、スライダーを使って「オリジナル色」に調整することもできます。


ハンコは「HANKO」ボタンから選択することで、いくつでも追加することができます。また、自分で作成した「オリジナルハンコ」だけでなく、最初からデザインの決まった「基本ハンコ」も使用できます。

「基本ハンコ」にも、可愛い動物や季節のアイテムがたくさん揃っているので、デコレーション感覚でペタペタ押すと賑やかな写真が加工できますね。


加工が終わったら、「SAVE」ボタンをタップしてアルバムに保存したり、TwitterやFacebookに投稿してみましょう。

加工サンプル

そんな感じで、可愛いオリジナルのスタンプが作れるアプリ「はんこメーカー」。季節柄か、クリスマスやお正月風デザインのフレームが多数収録されているので、クリスマスカードや年賀状作りに活用できるのが嬉しいポイントですね。

これからクリスマスや年末年始に備えて、手作り版画気分で、素敵なメッセージカードを作ってみてはいかがでしょうか?もちろん、写真に「謹賀新年」などのスタンプを押して、instagramで季節の挨拶をするのもぜひオススメです。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中