2012年12月18日 8:15 AMアップデート情報youthkee

直感的な操作が使いやすい画像編集アプリ「Snapseed」が、最新バージョン1.5にアップデートされました。これまでは、便利だけれど450円と、ちょっとお値段の張るアプリだったのですが、なんと今回のバージョンから完全無料化!Google+との連携が強化された他、フィルターやフレームなどの新機能も追加され、アイコンのデザインも一新されました。新フィルターの「レトロラックス」では、多彩なオプションを指定してレトロ風の加工が可能。また、進化したフレーム機能では、ワンタッチで正方形フレームにしたり、写真に合わせてフレーム色をアレンジできるようになりました。これだけの高度な機能が無料でフル活用できるのは、とってもお得なので、まだダウンロードしていない方はぜひこの機会にGETしてみてください。


アップデートされたアプリを立ち上げると、新フィルターの「レトロラックス」の所に『NEW』、機能強化された「フレーム」ボタンに『UPDATED』というアイコンが表示されています。

まずは、新しく追加された「レトロラックス」フィルターを試してみましょう。「レトロラックス」は、一発でレトロでいい感じのテイストに仕上げてくれるフィルターなのですが、実際には『スタイル』と『テクスチャ』、『光漏れ』の3つの効果が組み合わさって成り立っています。


複雑な設定はちょっと苦手という人は、右下の『ランダム』ボタンをタップして、どんなエフェクトができるのか、色々と試してみてください。

同じ「レトロラックス」フィルターでも、『ランダム』ボタンをタップする度に、全く違った風合いの写真になりますね。


左下の星マークのボタンをタップすると、『スタイル』や『プロパティ』の各メニューから、好きなエフェクトを選んで変更することができます。

選んだ『スタイル』毎に、『テクスチャ』や『光漏れ』の種類も変わってくるので、かなりバリエーション豊かなエフェクトを楽しむことができます。


もちろん、画面上を上下左右にドラッグすると、「Snapseed 」おなじみの直感的な操作で、輝度やコントラスト、漏れ光の強さなどのパラメーターを調整できます。

慣れてきたら、細かくカスタマイズして、自分好みのレトロでカッコいい風合いに加工してみてください。


「フレーム」機能では、23種類のデザインから好きなフレームを選んで適用できる他、「フォーマット」ボタンをタップすると、一発で1:1の正方形フレームに切り替えることができます。

「フォーマット」ボタンで正方形フレームに変換した場合、予めトリミングしなくても、すぐにスクエアサイズの画像を保存できるので、instagramにアップしたい時にも便利ですよね。


「フレームカラー」をオンにすると、フレームやエッジの色味が、写真に合わせて微妙に色付いた感じになります。

よく見比べないと分からないレベルの変化なのですが、よりレトロな雰囲気の写真に仕上がるので、ぜひ活用してみてください。


加工した写真は、TwitterやFacebook、instagramなどへ共有できる他、「Google+」ボタンをタップすると、直接Google+へ投稿することができます。

いったんGoogleアカウントでログインしておけば、Google+風のインターフェースで、いつでも投稿先などを選んで投稿できるので、普段からGoogle+を使っている人にとっては便利かもしれません。

ここがポイント!

今回のアップデートでは、「Snapseed」の開発元がGoogleに買収されたことをきっかけに、アプリが無料化されました。人気のアプリが無料で使えるのは嬉しい限りですが、企業の戦略が絡んでくるので、今後の動向には注意しましょう。

instagramを買収したFacebook、独自のフィルター機能の開発を進めているTwitter、そしてSnapseedを傘下に入れたGoogleというように、SNS大手各社が写真アプリを使って自社サービスへの取り込みを強めていると噂されています。

私たちユーザーとしては、楽しく写真が投稿できれば、それに越したことはないかもしれませんが、ぜひ企業の思惑に踊らされず、賢くツールとサービスを選んで使いこなしたいものですね。

「Snapseed」の使い方については、以前紹介したレビューも参考にしてみてください。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中