2013年1月11日 8:15 AM画像加工アプリyouthkee

app_camerabag2シンプルなインターフェースでおなじみの「CameraBag」のメジャーアップグレード版、「CameraBag 2」が満を持して登場しました。iPhone初期の時代から「CameraBag」にはお世話になった人も多いと思うのですが、定評のあるヴィンテージ風のフィルターはそのままに、さらに高度な機能を備えてリニューアルしました。今回の新バージョンでは、MacやPC版の「CameraBag」に搭載されている画像処理エンジンを移植。フィルター加工を行なっても、画像の美しさを損なわない点を特徴としています。そんな新時代の写真アプリとも言える「CameraBag 2」ですが、左右にスワイプするだけでフィルターが切り替えられる直感的な操作方法は従来通り。さらに、フィルター毎に細かいパラメーターを調整できるようになったので、無限のバリエーションが産み出せそうですね。

app_camerabag2_01
「CameraBag 2」の使い方はとっても簡単。カメラかアルバムから写真を読み込んだら、画面を指で左右にスワイプしてみましょう。次々に個性的なフィルターが切り替わり、あっという間にレトロで味わい深い写真に早変わりします。

画面下にはメニューパネルが並んでいますが、アイコンだけのシンプルで洗練されたデザインなのが、CameraBagらしくてカッコいいですよね。

app_camerabag2_02
トイカメラ風からモノクロ調まで、古今東西のオールドカメラのフィルムを再現したフィルターが揃っているので、まずは次々にスワイプしてお気に入りのフィルターを見つけてみましょう。

app_camerabag2_03
フィルターは画面をスワイプするだけでなく、画面下の「フィルター」ボタンをタップすることで、フィルター一覧から選択することもできます。

フィルターは全部で24種類ですが、追加アドオンでPro版を購入すると、さらに50種類以上のフィルターを追加で利用できるようになります。

app_camerabag2_04
「パラメーター」ボタンをタップすると、Exposure(露出)、Contrast(コントラスト)などの項目名が表示されます。

調整したい項目を選んでから、画面の下のスライダーを左右にドラッグしてみましょう。すると、各パラメーターを細かく微調整することができます。

app_camerabag2_05
「パラメーター」ボタンで選べる項目は、フィルター毎に異なります。彩度や明るさといった基本的な色調補正だけでなく、テクスチャの粗さや、ビネット効果、光漏れの強さなども自由に調整できます。

個性的なフィルターを、さらに細かく自分好みにカスタマイズしてみてください。この辺も、「CameraBag 2」ならではのパワーアップしたポイントの一つですね。

app_camerabag2_06
「フレーム」ボタンをタップすると、フレーム一覧の中から好きな枠を選んで写真に適用することができます。

インスタント写真風やフィルム風、ポジフィルム風など、CameraBagならではのレトロな雰囲気のフレームが豊富に使えるのが特徴です。

app_camerabag2_07
フレーム一覧では、フレームのデザインだけでなく、「3:2」「16:9」など、様々な縦横比のフィルムも選ぶことができます。

これらのフレームを選択すると、一発で指定した縦横比にトリミングしてくれるので、とっても便利です。もちろん、正方形サイズの「Square」も選択できるので、instagramへ投稿するのにもぴったりですね。

app_camerabag2_08
フレーム一覧の一番上にある「Crop」というボタンをタップすると、指定の縦横比だけでなく、自由なサイズに写真を切り抜くこともできます。

トリミングしてから別のフレームに切り替えることもできるので、フレームと組み合わせて活用してみてください。

「保存・共有」ボタンをタップすると、Twitter、Facebook、instagramなどへ共有できる他、カメラロールに画像を保存できます。保存サイズはフル解像度まで、用途に合わせて何段階か選べるのが嬉しいですね。

加工サンプル

app_camerabag2_sample_01 app_camerabag2_sample_04

app_camerabag2_sample_02 app_camerabag2_sample_03

ここがポイント!

そんな感じで、パワーアップして帰ってきた定番の写真加工アプリ「CameraBag 2」。シンプルで直感的な操作感に加えて、さらに細かいカスタマイズ機能が加わったのが特徴です。

とにかくシンプルで触っているだけでも楽しい加工アプリですが、今回は処理速度の向上や、フィルターの精度などの点も強化されているので、ぜひ皆さんも実際に使って試してみてください。

今回は基本無料で提供されているのも嬉しいポイントですが、170円のアドオンでPro版にアップグレードすると、さらに高度な拡張機能を利用することが可能です。Pro版では、自分だけのフィルターを作って保存したり、Mac/PC版のCameraBagで作ったフィルターをインポートしたりできるのだとか・・。

無料版でもたっぷり遊べそうですが、フル機能を使いこなせば他の人には真似できない素敵な写真が加工できそうですね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中