2013年1月25日 8:15 AM便利アプリyouthkee

app_swipe写真に文字を入れられるアプリはたくさんありますが、とにかくサクッと素早く加工したいという人にオススメなのがこのアプリ。「Swipe」は、その名の通り、スワイプした場所に自由に文字を入力できるアプリです。「この辺に入れたい」という大体のイメージが決まったら、画面上をサッとスワイプするだけ・・。次に色やサイズなど細かい要素をアレンジしながら、最短2ステップで入力が完了します。最初にレイアウトが決まっているので、細かく位置調整する手間が省けるのが便利ですよね。フォントも100種類以上の豊富なバリエーションから選択で可能。普段から横書きや縦書きではなく、大胆なデザインを多用する人は、ぜひ「Swipe」を使ってみてはいかがでしょうか?

IMG_2970
まずは、画面左上の「+」マークをタップして、カメラかアルバムから編集したい写真を読み込みましょう。

写真の取り込みが完了すると、「Swipe to add text」と表示されるので、画面の好きな所を指でなぞってください。

IMG_2971
画面上をスワイプすると、キーボードが現れ、テキスト入力モードに切り替わります。文字を打ち込むと、スワイプした位置と角度で入力されるので、大体イメージした通りのデザインが出来上がりますね。

もちろん、入力後にドラッグして位置を再調整することもできるので、うまくスワイプできなかった場合も安心です。

「ブラシ」マークのアイコンをタップすると、さらに細かく文字のデザインを編集することができます。

IMG_2972
画面下の各種スライダーをドラッグすることで、文字のカラーやサイズ、透明度や角度、影の濃さといった要素をそれぞれ変更できます。

フォントも全部で100種類以上の豊富なバリエーションから選択できるのが嬉しいですね。

IMG_2973
続けて画面内をもう一度スワイプすると、複数の文字をどんどん追加することができます。

最初にスワイプした時点で大体のレイアウトが決まるので、通常のテキスト加工系のアプリと比べると、サクサク効率的に加工できるのがお分かりいただけるでしょうか?

加工した写真はカメラロールへ保存できる他、TwitterやFacebook、instagram、Flickr、Tumblrにも共有することができます。

また、一度加工した画像は、アプリ内のライブラリに保存され、いつでも再編集することができます。気に入ったデザインができるまで、とことんやり直して加工できるので、こだわり屋さんにとっては嬉しい親切設計かもしれませんね。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中