2013年11月14日 8:10 AMiPhone 5s関連youthkee

iphone5s_02_01iPhone 5sのカメラ性能は大きく向上し、より綺麗な写真が撮れるようになりました。一見するとiPhone 5のカメラと同じように見えますが、実際に撮り比べてみると画質の違いがよく分かります。画素数など目立った違いがないものの、より自然で美しい写真を撮るための、きめ細やかな改良が盛り込まれているのです。まさに写真好きの人にとっては、一度使ったら手放せない名機と言えるのではないでしょうか?そこで今回は、実際の写真サンプルを比較しながら、iPhone 5とiPhone 5sのカメラ画質の違いを徹底検証してみたいと思います。前回紹介したiPhone 5sカメラの基本機能と合わせて、ぜひチェックしてみてください。


左:iPhone 5、右:iPhone 5s

まずは色味の少ない曇り空のビルの写真で比較してみましょう。左側がiPhone 5の標準カメラで撮った写真。右側が、ほぼ同じ撮影ポイントからiPhone 5sの標準カメラで撮った写真です。

パッと見では画質の違いまでははっきり分からないかもしれませんが、iPhone 5の方が全体的に青みがかっていて、iPhone 5sで撮った写真の方は赤い色合いが強く出ているように見えますね。


左:iPhone 5、右:iPhone 5s

次に、別のビルを写した風景写真で比較してみましょう。先ほどの写真と同じように色味の違いと合わせて、iPhone 5sの方が全体的に明るい感じに写っていることにお気づきでしょうか?

同じ条件で撮影しているのに、iPhone 5と比べると、暗い部分のノイズが少なく、より明るく鮮明に写っていることが分かります。



上:iPhone 5、下:iPhone 5s

今度はもっと色数の多い、花壇の花の写真で比較してみましょう。こちらも目立った違いではありませんが、全体的にiPhone 5sの方が明るく鮮やかな感じに写っています。

景色や人物などを撮る場合にも、iPhone 5sの方が自然な色合いに近く、綺麗で美しい写真が撮れると言えるのではないでしょうか?


左:iPhone 5、右:iPhone 5s

さらにアップで、黄色い花を近接撮影してみました。この写真だと、花の色味の違いまではよく分かりませんが、iPhone 5sの方が周囲の背景の部分まで含めて、明るくくっきりと写っていますよね。

iPhoneのカメラだけだと、マクロのような接写には限界がありますが、個人的にはやや至近距離でのピントの合い方も、iPhone 5sの方がキレが強くなり、より一眼レフに近い写真が撮れるようになった気がしています。



上:iPhone 5、下:iPhone 5s

最後に、iPhone 5sが特に得意だと言われている『夜景』の写真で比較してみましょう。どちらもフラッシュ無しの標準カメラで撮影していますが、この違いはもはや一目瞭然ですね・・。

光感度が向上したiPhone 5sのカメラは、わずかな光でもしっかり捉えるので、夜の街の細かい表情までくっきりと浮かび上がらせてしまいます。

もちろん、iPhone 5でも十分よく撮れているのですが、全体的に青白くなってしまう印象があるので、iPhone 5sで撮った夜景の方が自然で綺麗な感じに見えますよね。

ここがポイント!

スペック的に見ると、iPhone 5とiPhone 5sカメラの大きな違いは以下の3点です。

1. 画素ピッチが15%拡大(1ピクセルが1.5μmに)
2. F値がf/2.4→f/2.2に明るくなった
3. 焦点距離が33mm→30mmへ広角化

画素数は800万画素のままですが、一つ一つの画素やレンズの開口部が大きくなったことで、より多くの光を取り込むことができるようになりました。その違いが、より自然で表情豊かな写真撮影を可能にしています。

また、前回も解説したように、焦点距離がよりワイドになっているので、同じ地点で撮影したにも関わらず、全てのサンプルがより広々と余裕のある感じで写っています。この違いも、より美しい構図を取るために役立つのではないでしょうか?

そんな感じで、今回は通常の写真撮影でのサンプルを比較してみましたが、次回はさらにiPhone 5sカメラの威力が発揮される『フラッシュ撮影』の違いについて紹介してみたいと思います。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中