2014年2月5日 21:50 PM新着アプリ紹介youthkee

app_twenty20「Twenty20」はinstagramの写真を世界中のユーザーに向けて販売できるアプリです。元々「Instacanvas」という名前で公開されていたWebサービスですが、昨年「Twenty20」としてリニューアルし、いよいよ満を持してアプリ版が登場しました。「Twenty20」を使うと、アプリ内に自分のギャラリーを開設できます。出品した写真はキャンバスアートとして購入することが可能で、売買が成立すると代金の一部が作者に還元される仕組みです。WEB版では、いちいちサイトにログインして出展の管理をする必要がありましたが、今後はアプリからすべての操作ができるようになりました。さらに複数のテーマで常時開催されているコンテストへの参加もワンタッチで可能。上位入賞すれば購入率アップを狙えるかもしれませんよ!

app_twenty20_01

「Twenty20」のアプリを立ち上げると、まずはサインイン画面が表示されます。instagramのユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。

app_twenty20_02

サインインが完了すると、ホーム画面では注目の写真(FEATURED)や注目のアーティスト(ARTIST)などを見ることができます。

人気の写真が見れるという点では、instagramのポピュラー(EXPLORE)ともよく似ていますが、「Twenty20」の場合は、「BUY」ボタンをタップすればその場で全ての写真を購入できるのが大きな違いです。

app_twenty20_03

すでにTwenty20のサイトで登録している場合、プロフィール画面へ移動すると、自分が出展している写真が一覧で表示されます。

また、他のユーザーが自分の写真を購入していた場合、売上や利益をひと目でチェックすることができます。

「自分の作品が売れたかどうか」という気になる情報を、アプリでいつでも確認できるのは嬉しいですよね。

app_twenty20_04

「Twenty20」で自分の写真を販売したい場合は、真ん中の「+」アイコンをタップして、アルバムまたはinstagramのフィード(投稿済みの写真)からアップロードすることができます。

instagramと連携して、選んだ写真をワンタッチで出品できるので、ギャラリーへの出展もとっても簡単です。

app_twenty20_05

「コンテスト」のタブでは、現在開催中のコンテストや、審査中のコンテスト情報をチェックできます。

「Twenty20」では、常時たくさんのテーマでコンテストが開催されていて、ファイナリストや優勝者の作品は、Twenty20の公式アカウントでも発表されています。

上位入賞すれば、それだけ多くの人の目に触れるので、作品の購入率もアップするかもしれません。気になるテーマを見つけたら、ぜひ積極的に参加してみましょう。

app_twenty20_06

コンテストへの応募もアプリならとっても簡単。「ENTER CHALLENGE」をタップして、アップロード済みの写真を選ぶだけでOKです。

コンテストへのエントリーと同時に、instagramやTwitter、Facebookなどにシェアすることもできるので、友達やフォロワーに知らせて注目度をアップしてみましょう。

app_twenty20_07

エントリーした写真は、後から編集して「カテゴリー」や「タグ」を追加することもできます。

人気のタグは「Twenty20」のアプリやサイト内で検索されて注目度が高くなるので、上手に組み合わせて作品をアピールしてみてください。

app_twenty20_08

「Twenty20」のアプリでは、「いいね!」やポピュラー入り、「作品が購入された」などの通知に加えて、「コンテストの最終審査(ファイナリスト)に選ばれた」などの通知も、細かく設定して受信することができます。

「いいね!」をたくさんもらうほど、コンテストでの入賞もしやすくなり、購入率や収益アップが狙えるという仕組みです。

プッシュ通知などをうまく活用しながら、こまめにコンテストに参加すると、instagramの新しい楽しみ方が発見できるかもしれませんね。

ここがポイント!

「Twenty20」は、Webサービスのアプリ版というだけでなく、アプリとしての完成度も非常に高く、運営会社のビジネスモデルにも将来性が期待されています。

アプリを使ってみると、「Twenty20」の中にも、instagramと同じように「いいね!」やポピュラーがあるので、まるで「もう一つのinstagram」のように感じられるのではないでしょうか?

instagramでは思うように「いいね!」が集まらず、いまいち楽しめていないという人も、新たな気持ちで「Twenty20」を始めてみると面白いかもしれません。収益化のチャンスを秘めた新しい領域で、ぜひ皆さんもプロの写真家デビューを目指してみてください。

※価格は記事執筆時点のもので、変動する可能性があります。ご了承ください。

アーカイブ

初音 3rd album「風は君の答えを待っている」最新のリリックビデオ公開中